ブログトップ

FXスキャルピング.jp

FX デモトレード|デイトレードの利点と申しますと…。


「デモトレードをやっても、現実的な被害はないので、心理的な経験を積むことができないと言わざるを得ない。」、「手元にあるお金を注ぎ込んでこそ、初めて経験が積めると言えるのだ!」とおっしゃる人も多々あります。
トレードに取り組む日の中で、為替が大幅に変わる機会を捉えて取引するのがデイトレードというわけです。スワップ収入を狙うのではなく、一日という期間の中でトレードを繰り返して、少しずつ利益をゲットするというトレード手法だとされます。
金利が高い通貨だけをセレクトして、その後保有することでスワップポイントをもらうことができるので、このスワップポイントだけを狙ってFXをする人も少なくないのだそうです。
スイングトレードのメリットは、「常にパソコンの取引画面の前に居座って、為替レートを追いかける必要がない」というところで、サラリーマンやOLに相応しいトレード方法だと言っていいでしょう。
デイトレードの利点と申しますと、一日の間に例外なしに全部のポジションを決済してしまいますので、結果がすぐわかるということだと考えられます。

スイングトレードの場合は、どんなに短期だとしても数日間、長期という場合には数ヶ月という売買法になりますので、普段のニュースなどを判断材料に、数ヶ月単位の世界経済の状況を類推し資金投入できます。
買いと売りの2つのポジションを同時に所有すると、為替がどっちに変動しても収益を手にすることが可能だと言えますが、リスク管理の面から申し上げますと、2倍心を配ることが求められます。
FX取引に関しましては、「てこ」みたく低額の証拠金で、最高で25倍という取り引きができるという規定があり、証拠金と実際の取り引き金額の倍率を「レバレッジ」と呼んでいるのです。
レバレッジという規定があるので、証拠金が低額だとしてもその何倍もの「売り・買い」をすることができ、たくさんの利益も想定できますが、反対にリスクも高くなるのが常ですから、絶対に無理することなくレバレッジ設定することが必要だと断言します。
テクニカル分析を行なう際に大事なことは、第一に自分自身にピッタリのチャートを見つけることだと考えます。その後それを継続していく中で、ご自分だけの売買法則を構築してください。

レバレッジと言いますのは、送金した証拠金を元手として、最高でその25倍の取り引きが認められるという仕組みを言うのです。例えて言うと、50万円の証拠金でもって20倍のレバレッジを掛けることにしたら、1000万円分の「売り買い」が可能です。
デイトレードだとしても、「常にエントリーを繰り返し利益を勝ち取ろう」などとは思わない方が良いでしょう。無謀とも言えるトレードをして、思いとは裏腹に資金を減少させてしまうようでは悔やんでも悔やみ切れません。
レバレッジというものは、FXを行なう上で当然のように利用されることになるシステムということになりますが、実際に捻出できる資金以上のトレードが可能だということで、少々の証拠金で多額の利益を生むこともできなくはないのです。
MT4をおすすめする理由の1つが、チャート画面から直接的に発注することができることなのです。チャートの動きを確認している最中に、そのチャート部分で右クリックさえすれば、注文画面が開く仕様になっています。
システムトレードについては、人間の情緒や判断が入り込まないようにするためのFX手法だと言えますが、そのルールを決定するのは人というわけですから、そのルールが長期に亘って利益を与えてくれるわけではありません。


[PR]
by oroti12 | 2017-06-01 09:20 | FX デモトレード