ブログトップ

FXスキャルピング.jp

FX デモトレード|デイトレードの特長と言うと…。

方向性がはっきりしやすい時間帯を選定して、そのトレンドに乗って売り買いをするのがトレードにおいての一番肝になる部分ではないでしょうか?デイトレードだけじゃなく、「焦らない」「トレンドが強い時だけ売買する」というのは、どういったトレード手法を選択しようともとても大事なことです。
システムトレードと言われるものは、自動売買プログラム通りに実行される自動売買取引のことで、事前に決まりを決めておいて、それに従う形で自動的に売買を繰り返すという取引です。
スプレッドと呼ばれているのは、為替レートにおける「買値と売値の差」のことを指します。このスプレッドこそがFX会社を利用するためのコストであり、それぞれのFX会社で提示している金額が異なっています。
テクニカル分析実施法としては、大きく類別して2種類あると言うことができます。チャートとして表示された内容を「人が自分の目を信じて分析する」というものと、「分析専用プログラムがオートマティックに分析する」というものです。
購入時と売却時の価格に若干の差を設けるスプレッドは、FX会社のみならず銀行でも異なる名称で取り入れられています。しかもびっくりすることに、その手数料がなんとFX会社の200倍程度というところがかなり見られます。

システムトレードと申しますのは、そのプログラムとそれを正確に実行させるパソコンがあまりにも高級品だった為、以前は一定以上の富裕層の投資プレイヤー限定で実践していたとのことです。
スプレッドと称される“手数料”は、普通の金融商品と比べましても超格安です。はっきり申し上げて、株式投資なんかは100万円以上の売買をすると、1000円程度は売買手数料を支払う羽目になります。
私の友人は十中八九デイトレードで取り引きをやっていたのですが、昨今はより儲けの大きいスイングトレード手法にて売買しています。
FXのことをサーチしていきますと、MT4という文言が目に入ります。MT4というのは、使用料なしにて利用できるFXソフトの名称で、使い勝手の良いチャートや自動売買機能が実装されているトレードツールのことを指します。
ここ最近は、どのFX会社も売買手数料は無料となっておりますが、その代わりのものとしてスプレッドがあり、これが実質的なFX会社の収益だと考えていいのです。

デイトレードの特長と言うと、翌日まで持ち越すことはせずに例外なく全ポジションを決済してしまうわけですので、結果がすぐわかるということではないかと思います。
驚くことに1円の値動きだとしましても、レバレッジ1倍ならば1万円の損益なのですが、10倍の時は10万円の損益なのです。一言でいうと「レバレッジを欲張るほどリスクも大きくなる」と言えるのです。
普通、本番トレード環境とデモトレード環境を対比させますと、本番トレード環境の方が「それぞれのトレードあたり1ピップス程度儲けが減る」と認識した方が間違いないでしょう。
為替の動きを推測する時に不可欠なのが、ファンダメンタル分析とテクニカル分析ですが、より大事だと考えられるのは「チャートの動きを分析して、将来的な為替の方向性を予測する」テクニカル分析の方で間違いないでしょう。
収益をゲットするには、為替レートが注文した時点のものよりも良い方向に変動するまで待つしかないのです。この状態を「ポジションを保有する」と言っています。


[PR]
by oroti12 | 2017-05-11 09:09 | FX デモトレード